ヘッダー画像

『ホームページ制作』 最新ツイート

人の興味を引くようなホームページ制作

近年では、コンピュータなどの技術も急速に発展しており、個人が何らかの目的で一からホームページ制作を行うといったことも、比較的容易にできるようになりつつあります。
何らかの宣伝や告知を目的としたものであったり、自分の趣味などに関することを記載したり、何でもない日常に関する日記のようなものとして利用したりと製作されるホームページの種類は多岐にわたります。
こういったホームページ制作ですが、もちろん、個人の趣味感覚で行うのであれば自分の思うまま、好きなようにホームページを作るというのでも問題はありませんが、より多くの人に興味を持ってもらいたい、共感してもらいたいといった風に考えるのであれば、制作方法にもちょっとした工夫などが必要になってくるかもしれません。
何より、ぱっと目に入った時に、少し目を通してみてもいいかもしれないと他者に思ってもらえるような、第一印象の良いホームページ作りは重要な要素の一つだと言えるかもしれません。
情報が整理されており、一目見たときにすっきりとした印象を与えながらも、何らかの形で人の興味を引くような工夫などが凝らされていれば、ホームページを訪れた人はその詳細を読んでみようと感じてくれるかもしれません。

個人でホームページ制作をする上で注意したいこと。

インターネット環境が発展し、ホームページを通して様々な情報が手に入りやすくなりました。
しかも、情報を手に入れるだけではなく、自ら発信元としてホームページを全世界に向けて公開することができるのもインターネットの特徴の一つでしょう。
しかし、手軽に情報を発信できるが故に、思わぬトラブルを発生させてしまうことがあります。
特に、他者から得た情報(著作物等)を使用する場合は、注意だけで済めばまだ良い方ですが、最悪の場合は国内外を問わず裁判沙汰となり、とんでもない金額の賠償請求を受け、一生を棒に振ることになるかも知れないのです。
ホームページ制作は、“本を出版する”感覚に近いと言えます。
本の出版には、文章の引用・他者保有の写真の使用・漫画やアニメ等のキャラクターの使用など、それぞれの著作権者に使用許諾を得なければなりません。
ホームページは著作権法で明記されている「私的利用」の範囲を超えていると捉えられ、出版と同様の手続きを取らねばならないと考えられているのです。
ですから、CDから音楽プレーヤーに曲を移すことや、テレビ番組をディスクに焼くこと、雑誌などの切り抜きを行うことと同じように考えていると、痛い目に遭う可能性は十分高くなります。
もちろん、ホームページを作るな!とは言えないので、必要最低限のルールやマナー(ネチケット)を順守しながら、楽しいホームページ作りを満喫していただきたいと思います。

check

石垣島 シュノーケリング

カタログギフトの通販店

医療脱毛 銀座

2018/8/22 更新