ヘッダー画像

『ホームページ制作 企画』 最新ツイート

@membonet

【出演者募集】第3回秋のフェスティバル~若人の若人による祭典~: ⇒詳細はホームページをご覧ください。 https://t.co/YPoKOJHgcQ 【募集主体(企画制作… https://t.co/TZE4BsmCz5 #membo

15時間前 - 2018年09月25日


@skyzion3798

ホームページ制作・作成&サイトリニューアルなら、集客・SEO・ブランディング・採用に強いウェブ企画にお任せください。成果を確実に生み出すための企画・設計・ご提案から、ホームページ運用にあたっての解析・ABテスト・コンサルティングのサポートで多くのお客様を成功へと導いてきました。

16時間前 - 2018年09月25日


@atelier_s_pace

10周年企画その2 劇場を1か月使いたい放題!? 滞在制作型劇場利用 「Stay S-pace」スタート! 詳しくはホームページまたは「S-paper」で! https://t.co/RoTNNEuQVe

22時間前 - 2018年09月25日


ホームページ制作を企画するには

ホームページ制作を企画するためには、目的と予算がどのくらいになるのかを計算することが重要です。
多くの企業や個人がウェブでの展開をしていますが、その目的は様々です。
多くの更新が必要であれば必要なコストは人員と単純な手間暇という部分が多く、看板として用いるのであれば基本構成やデザインに費やすコストを大きくしたほうが効果的なものになります。
外注するときや依頼を受けて作ることになるという時にはそうした違いを認識したうえで進められると無駄がないので効果的なものになります。
発信先がパソコンなのかスマートフォンなのか、年齢層はどの位なのかという事も重要なポイントです。
デザインをする際にリッチな画面を作るのか出来るだけ軽く仕上げたほうが良いのかは受信する側を想定したうえでなければ決められないからです。
特に対象年齢によってはフリガナや漢字などの使い方が変わりますし、例えば年配に向けてであれば気持ち大きめのフォントの方が見やすいといった事があります。

業者に負けないホームページ制作を行うのに必要な企画力

ホームページ制作は企業や個人からの仕事を請け負いながらうまく行えるようになると個人でも利益を上げていける立派な事業になります。
ただし、ホームページを作るために必要なHTMLのコーディングやPHP等のプログラミング、各種素材の制作能力といった技術を身につけているというだけでは成功には一歩足りません。
そういった能力は総合的に見ればホームページ制作を請け負う専門業者も持ち合わせているものであり、個々の専門家がいる分だけ質も高く、仕事の速さも業者に太刀打ちできないでしょう。
それでもなお個人が事業として成り立たせていくためにはプラスアルファの要素が必要になります。
その筆頭に上がるのが企画力です。
ホームページを立ち上げる上ではどういった考え方でデザインするかという企画が大切であり、それを担えるとなると個人であろうと業者であろうと重宝されます。
個人であることによってより高い柔軟性を持って企画を立てることが可能であり、そのメリットを生かすことができれば業者に負けないホームページ制作事業を展開していけるのです。

Valuable information

メンズエステに問い合わせ

Last update:2017/8/17